転職サイトの口コミ

自分らしく働く!障害者のための転職支援サービス「atGP」の口コミ

アットジーピー 口コミ
関連サイト:教員の投資や税金のお話  『お金のホームルーム』

こんにちは、「教員からの転職」をテーマに発信をしている元中学教員のさとる(@SatoruTeacher)といいます。

「障害手帳を持っているけど、転職できるのかな?」

「このまま我慢して今の職場で働き続けなければならないのかな?」

「障害者雇用でどんな求人があるのか興味がある」

そんなあなたへ、株式会社ゼネラルパートナーズが運営している、atGP(アットジーピー)というサービスをご存知ですか?

障害者雇用のパイオニアとして15年以上にわたり障害者の就職・転職をサポートしてきた実績のある会社です。

atGP

特化型だからできる、配慮勤務時間職務の調整などの独自のノウハウが特徴。

登録して求人を探すだけもできますし、障害者の転職に特化したエージェントと面談して、キャリア相談や転職支援をうけることもできます。

転職がはじめてでも大丈夫、専任のコンサルタントが応募書類の書き方から、面接対策まできちんとサポートしてくれますよ。

atGPのポイント

関東関西名古屋 に拠点あり

・障害者手帳を持っている人が対象(知的、精神、発達、身体など種類や等級の制限はなし

・20代~50代まで幅広い年齢の人が利用している

大企業の求人あり

・他にもうつ症状専門統合失調症専門発達障害専門の就労支援サービスがある

障害者手帳をお持ちで転職を考えている方は、ぜひアットジーピーをチェックしてみましょう!

障害者に寄り添う転職サポート/
アットジーピー【atGP】公式サイトへ

atGPは大手の求人がある

atGP 求人

atGP(アットジーピー)は障害者向け転職支援サービスの業界最大手です。

2019年11月現在、約1300件の求人を抱えています。

またatGPの転職エージェントサービスに登録し、エージェントと面談することで非公開求人を紹介してもらうことができます。

転職を真剣に考えておられる方は、atGPのサイト登録後、エージェントサービスについても登録しておくことをおすすめします。

企業が非公開求人を出す主な理由

・応募者をある程度転職エージェントでフィルターにかけてもらえる
・なるべく採用に手間をかけずに、マッチする人材を探したい
・ライバル会社に人を採用していると知られたくない

atGPのさまざまなサービス

atGPは単に求人を掲載するだけではなく、さまざまなサービスを行っています。

あなたに合った探し方で、求人をみつけていきましょう。

自分で求人をさがしたい!

自分で求人を探して自分で応募したい人向け
atGP転職(求人情報サービス)

新着求人の情報をすぐにゲットしたい!

国内最大級の求人情報をお届け
atGPメルマガ(メールマガジン)

ひとりでは不安

自分だけで転職活動するのは不安、プロに任せたい
atGPエージェント(転職支援サービス)

忙しくて自分で求人を探す時間がなかなかとれない

あなたにマッチングした求人をお届け
atGPスカウトサービス

就職、転職に向けたトレーニングがしたい

atGPジョブトレ

障害者の就職・転職ノウハウがしりたい

さまざまなコラムが充実
atGPしごとラボ

アットジーピー【atGP】公式サイトへ

atGPは幅広い年齢に対応

出典:atGP公式サイト

通常転職サイト、転職エージェントですと20代~30代の利用が多いのですが、atGPの場合約半数が40歳以上の利用となっています。

障害をお持ちの方で40歳以上の人でも充分に転職のチャンスがあるといえそうですね。

atGPにとっても追い風となる、障害者雇用促進法

2018年4月に障害者雇用促進法が改正され、より多くの企業が障害者をやとわなければならない環境になりました。

主なポイント

・45.5人以上の民間企業の障害者の雇用率を「2.2%」とする
・上記に満たない場合は、不足1人につき5万円の納付金が徴収される
・行政指導しても改善が見られない企業は、企業名が公表される

ちなみに2018年度の障害者雇用率は「2.05%」、達成企業の割合は「45.9%」となっています。

さとる
さとる
45%って半分以下じゃん…と思われるかもしれませんが

前年より4.1%上昇! 今後さらに増えていくと予想されます。

また、企業の社会的責任(CSR)という立場からも、積極的に障害者雇用に取り組む企業が増えてきています。

社会的責任を果たしている企業

・公式サイトや広報などでPR
・知名度が上がり、採用でも有利にはたらく
・出資や取引も集まりやすくなる(実際にCSRを果たしている企業に限定した投資ファンドもある)

もはや民間企業も単に利益を追求するだけでなく、投資家、消費者、働く人、地域社会など色々な角度から選ばれないと生き残っていけない時代になってきているんですね。

atGPの評判

就職してからも相談サポート体制がある

手帳を取得し、障害者枠で働くということにとても不安があり、一緒に同行していただけたのがすごいありがたかった。

また、履歴書の添削や面接練習もしてくれたので、大変よかったです。

就職してからも不安なことがあると相談日を決めてくれて、相談にのってくださることがありがたかったです。

引用:brigejob(アットジーピーの体験談)

だれでも、最初の転職は不安なもの。

履歴書の添削や面接の練習など、親身にサポートしてくれるのは障害者によりそった配慮を企業理念にしているアットジーピーならではですね。

また、就職してからも相談サポート体制があるのもとても心強いですね。

精神障害や50歳でも転職実績あり

50代の女性、アットジーピーを使って大手航空会社の障害者枠に内定をもらった。

給料も週5入れれば新卒の満額より多いらしく、今は精神障害者が(雇用促進法で)0.5人扱いから1人扱いに切り替わったところで大手も採用に乗り気のようです。

して欲しい配慮が明確な方が有利とのこと。

出典:voice of repel

精神障害をお持ちのかたも、企業は徐々に採用に前向きになってきています。

しかし、企業側も採用ノウハウがすくなく、どのように採用していいのか、あるいは採用したあとどのように配慮したらいいのか手探りなのが現状。

障害者雇用の専門家であるアットジーピーはそんな企業と求職者の橋渡し役になってくれています。

また50代の方でも転職に成功しているのはとても心強いです。

atGPが障害者の転職支援サービスをする理由

atGP、そしてそれを運営するゼネラルパートナーズは、なぜ障害者への転職支援をするのでしょうか?

それは社長の進藤均さんの思いに基づいています。

参考)社会問題を解決するという人生を楽しむGP社長のブログ

元々人材サービス会社に勤務されていた進藤さん。

企業の新卒・中途採用に関わっていくうちに疑問がわいてきます。

それは、障がい者に対する差別・偏見でした。社会保障はあるものの平等な機会はありませんでした。

「教育格差、進学率や就職率の悪さ、昇進や給与の格差。これらの状況を変えられないだろうか?」

はじめは手弁当で、障害者の方の就職支援を行っていた進藤さん。

なかなか周囲の理解を得られませんでしたが、活動をすすめていくうちに、企業側、働く障害者側、双方から感謝されるようになっていきました。

もっと支援の規模をひろげられないだろうか? 事業として継続できないだろうか?

そんな思いではじめられたのが、ゼネラルパートナーズというatGPの運営会社なのです。

アットジーピー【atGP】公式サイトへ

他にもある、ゼネラルパートナーズの就労支援サービス

ゼネラルパートナーズは上記の理念のもと、他にもさまざまな就労支援サービスを展開しています。

それぞれの支援に特化したキャリアアドバイザーが自己分析、求人への応募、面接対策、内定までサポート!

ハローワークや通常の転職サイト・エージェントなどではなかなか実現できない、きめ細やかなサービスが特徴となっています。

また、身近でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひともお伝えいただければと思います。

うつ症状専門の就労支援サービス

シゴトライ

・就職後の職場定着率90%(2017年4月時点)

・東京と大阪で週3~5日(平日)通所して就職支援・トレーニング
*すでに勤務中の方は利用不可

・同じ症状を持つ仲間と悩みや解決策の共有ができる

うつ症状の方の就労支援【シゴトライ】

統合失調症専門の就労支援

リドアーズ

・定員20名のうち15名が就職(そのうち定着率93%)2017年度

・東京(お茶の水)で週3~5回の通所就労支援
*すでに勤務中の方は利用不可

・就職したあと長く働くための、セルフコントロールとビジネススキルを学ぶ

統合失調症専門の就労支援【リドアーズ】

発達障害専門の就労支援

リンクビー

・就職後の職場定着率90%(2017年4月時点)

・東京(秋葉原、大手町)、大阪に拠点あり

・自分の得意、不得意を知り、職業適性の把握や、就職のイメージをつけることができる

発達障害専門の就労支援【リンクビー】