転職体験談

教員から転職してもいいんです~このサイトと管理人について~

「普段の授業の準備、テストの採点、通知表の所見の作成などで手いっぱい」

「部活指導や、校務分掌、生徒指導や問題が起きれば家庭訪問など、時間がない」

「あれだけ可愛かったはずの子どもが、最近では可愛く思えない」

「もう、つらい……教師やめたい」

SNS等で毎日のように見かける現場の先生たちの悲痛な叫び!

上記のような叫び、痛いほどよくわかります。

なぜならかつての僕の姿だからです。

 

さとる
さとる

はじめまして!

教員からの転職情報サイト
「転職ホームルーム」にお越しいただきありがとうございます。

管理人のさとる(@SatoruTeacher)です。

 

このサイトは31歳で中学校教員(社会科)を退職し、民間の営業職へ転職した僕の体験談や、教員の働き方について書いています。

管理人さとるへのお問い合わせはコチラ

プロフィール

・1980年代後半生まれ(いわゆるゆとり第一世代)

・関西出身(タイガースファン)

・元中学社会科教員

・2017年に教員から転職、機械メーカーの営業職で採用

・現在は社内異動で、Web広報・人材育成などを担当

僕が教員を辞めた理由

父親も教師で、幼い頃から教員を目指していた僕が、講師→教諭となって9年間の教員生活を過ごし、最終的に2017年に退職するまではこちらの記事でセキララに綴っています。

教員 やめたい 中学
教員辞めたい…中学校教師だった僕が31歳で退職した理由と転職成功のコツ教員をやめたいあなたへ。部活・保護者対応・生徒指導、中学教師から月残業100時間以上の激務に耐えかね31歳でホワイト企業へ転職した実体験。年収は減ったけど家族との時間を取り戻しました。ホントに辛かったら辞めてもいいんだよ!大丈夫、教員辞めても仕事はある!...

・部活指導で土日出勤も当たり前、月100時間以上のサービス残業

・教育困難校での生徒指導保護者対応にもう限界

・家庭は崩壊寸前、妻に「自分の子どもと生徒とどっちが大事なの?」

おかげさまで、教員のみなさんからのたくさんの共感の声が!

教員の働き方について考えるきっかけにしていただだけると嬉しいです。

教員からの転職 年収
教員からの転職!あなたの適性年収を5分でカンタン診断してみよう!教員から転職したら年収は下がる?自分に興味を持ってくれる企業は本当にあるのか?スマホでカンタンに適正年収を診断できるミイダスというサービスをご紹介。...

教員から転職してよかったこと

教員から転職して感じたことは大きく以下の5点です。

  • 早く帰れる
  • 基本、土日出勤はなし
  • 有給休暇も取りやすい
  • 経費がきちんと出る
  • ギスギスした人間関係がない

もちろん、年収が下がったり、福利厚生は教員時代の方がよかったりとデメリットもありますが、おおむね6時には退社できて妻や2人の子どもと食卓を囲んだり、お風呂に入ってお話したり。

僕は教員をやめて、よかったと思っています。

教員 やめた 幸せ
教員辞めたら幸せです!月残業10時間で毎日家族と夕食を囲む僕の一日31歳で中学教員をやめたその後のお話。現在機械メーカーの営業職で奮闘中!残業は月10時間程度、毎日家族と夕食を囲むことができて幸せです...

教員から転職してもいいんです!

今の仕事をずっとやりつづけなきゃいけないのか?

先生を辞めたら、途中で投げ出すのは、人生負けなのか?

答えは ノーです。

生徒の学力や生活ももちろん大事です。
でも、現代の学校教育においてはそれに費やすための時間が長すぎます。

一番大事なのは、これを読んでいただいているあなたの心身の健康です

ツラかったら先生辞めてもいいんです。

実際に教師を辞めても活き活きと働いている人もたくさんいます。

一度民間へ転職して、また教員として復帰している人もいます。

地域の行事等で子どもたちと関わることもできます。
学校教育を外側から眺めることもできます。

自分の家族や子どもとの時間を大切にすることだって立派な教育の一つです。

教員 転職 体験談
元教員10人の転職先と体験談まとめ記事!私たち先生を辞めました!教員からおすすめの転職先と体験談をまとめ。年収は減ったの?自由な時間は増えたの?教員を退職して満足している?塾講師や出版社以外にもITエンジニアやマーケターなど活躍できる業界はたくさんあります。...

教師の転職には、情報が不可欠!

「教師って辞めても、他に仕事が見つかるのかな?」

「教師って公務員だからつぶしが効かないのでは?」

「外の世界に出るのが不安。転職なんて本当にできるんだろうか?」

もちろん100%将来が約束されている人生なんて存在しません。

でもあなたが悩んでいるのなら、まずは一歩踏み出してみてはいかがですか?

教員 転職 流れ
教員からの転職の流れを5つのステップでわかりやすく解説!情報は大事教員からの転職の流れを5つのステップでカンタン解説。なぜ辞めたいのか?求人のさがし方、自分の適正の把握、志望理由、面接のコツ、退職の仕方。元教員の管理人が体験談を交えてあなたの理想の働き方をお手伝いします。...

様々な情報を得た上で、

「やっぱり私は教師をもう少し続けてみよう」

「教師を続けた上で、働き方をもっと工夫してみよう」

そんな考えももちろん素晴らしいことだと思います。

 

このサイトでは

・教職からいったん離れたい人が次のステージで輝けるように

・教員を続けたい人がやりがいを持って働けるように

上記の2つのために情報提供をすることを主目的にしています。

そのために教師の転職選考でのコツ働き方について発信していきます。

実際に31歳で中学教師から転職を経験した僕の実体験や、その他の「元先生たち」の転職体験談等も掲載させていただいております。

悩んでるあなたが、少しでもラクになりますように、思いを込めて。

「教員からの転職」など役立つ情報のまとめ〜自分らしく働くために〜転職したら年収ってどうなるの?無料で使える診断サービス \適正年収をわずか5分で診断/ 転職市場価値を調べてみる 「転...

教員からの転職、サイト運営方針

当サイトは、主に下記の公式サイトからの情報や、管理人または情報提供いただいている教育関係者の体験談を元に作成をしています。

参考にしているニュースサイトは以下の通りです。

また、2021年現在までに僕が利用したことのある転職サービスは以下の通りです。

  • リクルートエージェント
  • リクナビnext
  • マイナビ転職
  • マイナビエージェント
  • doda
  • パソナキャリア
  • 転職会議
  • ミイダス
  • ビズリーチ
  • Wontedly

公式サイトの情報を取得しつつ、入念にリサーチのうえ記事を作成しております。

万が一事実と異なる記載がございましたら、速やかに修正させていただきます。
お気付きの際は大変お手数ですが、下記お問い合わせフォームよりご一報下さい。

メディア掲載履歴

2021年7月現在、以下のメディア様に掲載いただいております。(順不同 敬称略)

 

お仕事のご依頼や掲載の依頼などは、お気軽に下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせ先

当サイトへのお問い合わせは、以下のフォーマットよりお願いいたします。

また、Twitter((@SatoruTeacher))をやっております。
「教師からの転職」について発信しておりますので、よろしければフォロー願います。