教員生活

さる先生(坂本良晶さん)ってどんな人?実際に会って一緒に飲んできた

さる先生 坂本良晶

このあいだ、すげえ人に会ってきました!
しかも飲み会で3時間くらい隣に座って話を聞けました!

紛れもなく、教育界に革命をもたらす方です。

しかも、フツーに小学校で教えている先生。坂本良晶先生、通称さる先生(saruesteacher)

龍谷大学法学部出身の36歳。

Twitterやブログで「教育の生産性」について発信しながら、現在も京都府の小学校教諭として活躍されています。

今日はその方をご紹介します。

*この記事は現役銀行員ブロガーうたのん様(@utano_bank)より寄稿いただいたものです。

さる先生ってどんな人?小学校の先生なのに定時退勤!

国営ブラック企業、と言われる学校現場。

参考 Yahooニュース『公立小学校で33.5%、公立中学校では60%以上の教師が過労死ラインの労働時間』

それなのに、さる先生はほぼ毎日定時退勤

もちろん、サボっているわけではありません。
あらゆる知恵を絞って、仕事を効率化しているのです。

さる先生のブログ(2019年2月現在では非公開になっている)で以前タイムカードを掲載しておられましたが……

つーか、毎日5時退勤やんけ!!

えっ!!(二度見、三度見)

すっごー!!

ただもんじゃねーな、この人。
というわけで、7月29日に会いに行きました!

まあ、始業時間が早いから、トータルの労働時間で見たら僕の方が少ないな(←謎のライバル心 笑)

教員 やめたい 中学
教員やめたい…中学校教師だった僕が31歳で転職した理由~動くなら早い方がいい教員をやめたいあなたへ。部活・保護者対応・生徒指導、中学教師から月残業100時間以上の激務に耐えかね31歳でホワイト企業へ転職した実体験。年収は減ったけど家族との時間を取り戻しました。ホントに辛かったら辞めてもいいんだよ!大丈夫、教員辞めても仕事はある!...

さる先生の必殺ワザ!丸つけ界王拳!

我々のイメージでは、テストの丸つけって、授業中に生徒がやったものを、職員室に持って帰るなり、あるいは家に持って帰ってやるものだと思うんですよ。

それを

テスト実施→丸つけ→返却 まで45分間でやりとげる。

すごい……感心しました。
この手法は間違いなく、他の業界でも使えます。

基本、仕事って手を止めずになるべくその場で打ち返した方が、効率がいいですもんね。

さる先生に聞いてみた「Watcha(ワッチャ)って何?」

Watchaとは教育イベントの問題児。

誰が主催してもいいし、教員以外の人が参加してもいい。

Twitterを中心に拡散・募集されるゲリラ的な教育イベント。

今やお堅い先生の講演会より、Watchaの方が人が集まるらしい。

あーでも実際飲み会の場にもいらっしゃいましたが……

「さる先生すごい!」
「さる先生みたいになりたい(目がハート)」

って先生や教師の卵が、佃煮ができるくらいたくさんいます。

なんと、モテモテですね(笑)

でも、それが目的じゃないんですよね。

教育の生産性 という考え方が当たり前になる。
中心人物がいなくても、やっていける。

Watchaは傘連判状(からかされんばんじょう)だと飲み会の席でおっしゃってました。
首謀者はいない。みんな平等。そしてゲリラ的に巻き起こる活動。

さる先生に実際に質問してみた

さる先生がTwitterやブログで発信するようになったキッカケは?

以前Yahoo知恵袋で、学校の働き方改革に関する質問に対して

『いや、定時退勤できますよ』

とさらりとコメントしました。

すると…

「学校の教員が定時で退勤なんてできるわけない」

「お前、ほんとは教員じゃないだろ!?」

と、大炎上!!(笑

ウッキー、くやしい! と思ってその悔しさバネに発信しようと思ったのが始まりです。

さる先生の今後の夢・野望など

破壊、そして創造!

いったん既存の教育システムの枠組みを壊す!
そして新しい理念をもとに、持続可能な教育システムを創り出します。

僕たちはその橋頭堡(前線基地)となるべく、今まさに分水嶺(岐路、勝負どころ)に立っていると思います。

教員からの転職
教員から転職してもいいんです~このサイトについて~このサイトのテーマは「教職からいったん離れたい人が次のステージで輝けること」です。教員の転職、面接でのコツ、働き方について発信していきます。実際に31歳で中学教師から転職を経験した僕の実体験を語っていきます。...

さる先生に実際に会ってみて

教育は国家百年の計。

日本に住む以上、未来の日本を創り出す「教育」に無関心ではいられない。

全ての日本人が一度は体験している、「教育」

それを真剣に変えようと確固たるビジョンを持った、サムライがいる。

間違いなく、このムーブメントは乾いた草原についた火種のように、日本を巻き込んでいくとことでしょう!

教師という枠を超えて、保護者、地域、そして官僚や政治を巻き込んで。

あと、「敵対勢力の暗殺に気をつけてください」って忠告しときました(笑)

さる先生のツイッター(フォロワー1万人超え!)

なんかそろそろ著書を出版されるとかされないとか。
楽しみにしています!

発信力すごい、図もうまいし、ほんと気付きがたくさんある。
おかげでブログ記事やツイートをたくさん貼りまくってしまいました(笑)

さる先生、今後のご活躍を心より祈念しております。

ミスチルファンという共通点もありますし、
一緒に定時に帰りましょーね。

追記 さる先生の『全部やろうはバカやろう』ついに出版!


2019年3月6日 ついにさる先生の著書「全部やろうはバカやろう」出版!

感想記事もアップしましたよ!

さる先生の「全部やろうはバカやろう」徹底レビュー

この本が長時間労働に苦しむ先生を救い、良い教育を作っていく。

そしてそれが子どもたちに還元される。

教育の生産性をめぐる戦いはまだ始まったばかりです!

さらに追記、さる先生の著書第2弾「ミッションドリブン」発売!

2019年11月、さる先生の2作目となる著書が発売されました!

回転寿司チェーンで売上トップだった転職教師の僕が、Twitterで「学校のブラックな働き方」を変えていく話

前作のテーマは学校の先生向けの「教育の生産性の実践」

今回はさる先生の今まで生きてきた道のりを踏まえての

・生産性を上げた、そのあとのお話
・ミッション(使命)とは何か?

が大きなテーマになっています。

紹介記事を書いていますので、合わせてご覧ください!

ミッションドリブン さる先生
「学校現場を大きく変えろ!ミッションドリブン」さる先生の著書を徹底レビューさる先生(坂本良晶さん)が書いた『「学校現場」を大きく変えろ!MISSINON DRIVEN』。教員からの転職をテーマに発信している元中学教員の僕が徹底レビューします。ミッションドリブンとは何か?さる先生が語る教育の未来とは?...