転職体験談

教員から退職したその後のお話、再就職してストレスなく暮らしています

「教員を退職した人は、その後どんな生活を送っているの?」

「辞めたあとって、きちんと仕事って見つかるの?」

「安定した公務員の収入を捨てても大丈夫なの?」

そんな声にお応えするお話をさせていただきます。

さとる
さとる
こんにちは、31歳の時に中学教員から機械メーカーへ転職したさとるといいます。

現在は企業の採用面接新人教育も担当しています。

「教師からの転職」をテーマに発信しつづけた結果、
Twitter(@SatoruTeacher)のフォロワーさんは4,500人以上!

おかげさまでたくさんの人とつながることができて嬉しいです。

確かに、教員を退職することを考えると不安でいっぱいになりますよね。

でも大丈夫、僕をはじめとして、教員を辞めて楽しく暮らしている人がこんなにもたくさんいるのですから。

この記事のまとめ

・僕が安定している公立教員を辞めた理由

・苦労のすえ、今の勤務先の内定をゲット

・公務員と民間との違いにはじめは戸惑う

・今では、教員から転職してよかったと100%言い切れる

・他にもいる!教員から退職した人のその後の暮らしをご紹介

この記事を最後まで読んでいただければ、あなたも教員を辞めたあとの生活をリアルに想像することができます。

そして、きっと前に進む勇気がわいてきますよ!

●教員を辞めたいと思うあなたへ
適職診断は、もうやってみましたか?

AIが2万人以上のビッグデータに基づき3分であなたの「天職」を1位から10位まで診断してくれる転職アプリ『VIEW』が便利!
あなたに本当に合った仕事の年収や企業名もわかります。

転職アプリ VIEW
あなたの適職をAIが3分で診断!未来が見える転職アプリVIEWの評判 「自分の将来ってこのままでいいのかな?」 「もしかしたら、貴重な可能性や時間をムダにしているのかも……...

教員から退職したらその後はどんな生活?

僕が安定している公務員を辞めた理由

僕が中学教員を辞めた理由は大きく3点です。

・平日は朝7時からノンストップ労働、休日は部活指導や残務で月100時間以上の残業、もう限界

・ワンオペ育児で頑張っている妻やほとんど一緒に過ごせてない長男のためにも、もっと自由な時間が欲しかった

・「1ヶ月ぶりにようやく休めるわ」という管理職を見ていると、ずっと教員を続けるのは不可能と判断

詳しくは、こちらの記事に載せています。

教員 辞めたい
教員を辞めたい!校種・年齢別あなたのお悩み解消法を元教師が解説教員をやめたいあなたへ。初任者、小学校、中学校、高校、20代、30代など年齢・校種別の辞めたい理由と解決方法を元教員が徹底解説。辛い、しんどいという思いは必ず解決できます。転職以外も選択肢はたくさんあります。...

教員は在職中に転職活動した方がよい

とにかく忙しすぎて、在職中に新しい仕事を見つけるのは不可能と悟った僕。

妻とも相談のうえ、退職してから再就職先を探すことにしました。

無職のまま転職活動することは、かなりのプレッシャーが伴います。

できれば、教員を続けながら転職活動することをおすすめします。

教員 転職 難しい
教員からの転職が難しい5つの理由、失敗しないためのコツをまとめました「教員からの転職って難しいって聞いたけど……」 「転職に成功した人っているのかな?」 「今からでも転職先ってあるんだろうか?...

苦難の末、なんとか就職先が決まる

「元教員」「公務員」「30歳以上」
という肩書は、残念ながら転職市場でもあまり良い評価をされず、お祈りメールの毎日でした。

ハローワークや転職サイトなどを使ってもなかなかうまくいかず。

転職エージェントという支援サービスを使うことで、ようやく活動が軌道に乗りはじめました。

教員を辞めてから約3ヶ月、なんとか現在勤めている中規模メーカーの営業職に内定を得ました。

教員 転職エージェント おすすめ
教員へオススメの転職エージェント「2022年度版」元中学教師が解説教員から転職エージェントを利用して31歳の時にホワイト民間企業への転職に成功!元中学教師がオススメのサービスを5つご紹介!内定への近道!年代別や女性向けのランキングもあります。...

教員から退職したその後のお話、仕事編

最初は公務員と民間との違いに戸惑う

大学生の時に就職活動も経験していなかった僕にとっては、民間企業で働くことは戸惑いの連続でした。

・そもそも名刺交換のやり方すらわからない

・自分の電話の対応の仕方があっているのかわからない

・取引先に行っても、専門用語が多すぎて顧客が何を言っているのかわからない

教員 民間 違い
教員を続けるか民間企業へ転職するか迷っているあなたへ、違いを徹底解説「教員を続けるか、あるいは民間も含めて転職先を探すか迷っている」 「もし、民間企業へ就職したら、公務員とどんな点が違うのだろう?」...

民間企業の利点もある

とはいえ、民間企業ならではの利点もあります。

きちんと残業代が支給される

最初にいただいた給与明細の「時間外労働手当」という項目に、きちんと数字が入っていた時は衝撃的でした!

教員時代はどれだけ働いても、給与は固定でした。

これが……もしや、大学時代の友人たちがよく言っていた「残業代」というやつでは。

都市伝説ではない! ほんとうに存在していたんだ!

民間は良くも悪くもシビア

コスト意識の違いもあります。
今の会社では「時間もコストのうち」という感覚があるので、ダラダラ残業をしていると怒られます。

成果が数字でわかるので、きちんとパフォーマンスを発揮していないと指導が入ります。

その代わり、結果を出しているとちゃんと褒めてもらえます。

元公務員の僕でも、昇進して部下を持つことができました。

今では、ワークライフバランスが取れたおおむね幸せな生活を送っています。

僕は教員を辞めて良かったと100%言い切れます!

教員 やめた 幸せ
教員辞めたら幸せです!月残業10時間で毎日家族と夕食を囲む僕の一日31歳で中学教員をやめたその後のお話。現在機械メーカーの営業職で奮闘中!教員を辞めたメリットとデメリットを徹底解説しています。教師からの転職を考えている人必見の内容です。...

教員から退職してその後得たもの

僕の中で、教員から退職して得たものは大きく3つあります。

民間企業でもやっていけるという自信

退職する前は「公務員を辞めても民間企業できちんと働けるのだろうか?」
という不安でいっぱいでした。

教員時代に培ったプレゼン能力や、折衝力、顧客との会話からニーズを引き出す力などは、民間企業でも活かすことができます。

もちろん、若ければ若いほど適応能力は高いので、もし教員から転職を考えている人は早めに動くことをおすすめします。

教員 転職 20代
【あなたにもできます!】20代教員が転職を成功させて幸せをつかむ方法元中学教員で採用面接官もやっている管理人が解説。20代の教員からの転職なら応募できる求人もたくさんあります!辞めたい理由や転職を成功させるコツ、代表的な転職先についてご紹介。...

圧倒的に自由な時間

僕の場合、月100時間以上の超時間労働、土日も出勤という生活から。

残業は月10時間程度、土日は基本休み、と生活が一変しました。

圧倒的に自由な時間が生まれました。

余暇時間は家族と過ごしたり、本を読んだり、自分の好きな勉強をしたりと充実しています。

年収は100万円減りましたが、自由な時間は代えがたいものです。

実践的なスキル

民間企業で実績をあげていくことで、今後もし会社が潰れたとしてもなんとかやっていけるだろ、と実践的なスキルが身についています。

・契約をとったり、ニーズを引き出す営業のスキル

・ホームページ運営などのマーケティングスキル

・部下のマネジメント方法 など

現在では、副業でもWebライターとして月10万円以上の売上を安定して上げています。

ライターという仕事に興味がある方は、こちらの記事もご参照ください。

将来性バツグン!学びながら稼げるWebライタースクール、ウェブタスの評判 \あなたも稼げるライターに/ウェブタスへ資料請求する *無料で資料ダウンロードできます 「今の収入だけじゃ将来が不安……...

他にもいる!教員から退職してその後の生活を満喫している人たち

他にも、教員から転職してその後の生活を充実させている方は、たくさんいらっしゃいます。

実際に知り合った方を何名かご紹介させていただきます。

さとる
さとる
あなたの境遇に近い人も、きっといるはず。

教員から大手企業へ、めぐさん

東京都の公立小学校教員だっためぐさん(@mgmg05311)。

28歳の時に、大手企業の営業サポート職へと転職。新しい仕事に奮闘しつつ、ワークライフバランスが取れた毎日を送ってらっしゃいます。

すでに一緒に暮らしているご主人と無事に結婚式も挙げられました!
おめでとうございます。

教員 転職 大手企業
教員から転職!大手企業から内定ゲット、インサイドセールス職めぐさんの体験談「教員から民間へ転職したいけど、大手や上場企業はムリなのかな」 「中小企業やベンチャーへの転職が多いって聞いたけど……」 「...

教員からエンジニアへ、だいすさん

元小学校の先生、学年主任まで勤め上げた実力派。

30歳を過ぎてから未経験のエンジニアへの転職を果たした、だいすさん(@dice_motosensei

今は教育×IT(EdTech:エドテック)の現場で活躍しながら、ご自身でも勉強を続けてらっしゃいます。

こうして、自分の好きな勉強をする時間が取れるのも、教員から転職したメリットですよね。

教員 転職 エンジニア
教員からの転職!エンジニアへ、EdTechに関わりたい!だいすさんの体験談 今回は、9年間小学校教員をつとめたあと、プログラミングスクールでの学習をへてITエンジニアへと転身。 だいすさん(@dic...
教員からの転職 IT業界
教員からの転職先ならIT業界がオススメの5つの理由!未経験者でも大丈夫教員からの転職を考えている方へ。プログラミングのスキルを身に付けて、IT業界へ転職するという選択肢もありますよ。IT業界は成長産業、ホワイト企業もたくさん、ノルマがない、コツコツと勉強できる教員にピッタリです。...

体育教員からプログラマーへ、しらかわさん

25歳の時に体育教員から転職した、しらかわさん(@shirakawa_1995

本人いわく、大学はFラン、スポーツの実績以外に目立った特技はない、プログラミングなんて触ったことがない。

からの、IT業界の将来性に惹かれて転職を決意。

今では田舎での生活を満喫しつつ、リモートワークで仕事に励んでらっしゃいます。

体育科 教員 転職
体育教員から転職してITエンジニアへ!学歴に自信がなくても内定獲得「体育教員から民間企業へ転職をしたい!」 「ジムのインストラクター以外にも仕事ってあるの?」 「資格といわれても、教員免許と...